09 1月期新ドラマ期待度

新ドラマ期待度「銭ゲバ」は★5つで!

やってしまった。

「ありふれた奇跡」を見逃した。悔しいから、久々に「新ドラマ期待度」シリーズでテンションあげていくしかない!

さて、1月17日(土)21:00~日本テレビで始まる「銭ゲバ」 これは今期トップの期待度で★5つ!(朝、ミムラさんをテレビで見ちゃったせいで評価が一気にアップしてしまった。)

では項目別に・・・

【題材】★★★★★

 「金のためなら何でもするズラ」って言葉がCMで連呼されてるけど、こういう人間の汚い部分を凝視するようなドラマはきっと面白いはず。「女王の教室」で私たちが並べている耳ざわりのいい言葉、きれいごとを、かさぶたを剥がすようにむき出しにしてくれたこの枠だから、尚更期待してしまう。

 原作を本屋で手にとってみたけど、相当不細工な主人公が、常に暗~い表情で4コマ漫画並みに言葉少なに淡々と進むストーリーだった。あれをドラマ化するのは相当脚本が大変そう。その点も見もの。

【キャスト】★★★★

 松山ケンイチがダサい役をやった「セクシーボイス」は途中で断念してしまったけど、松山ケンイチの演技力が最大限生かされそうなこの設定は心惹かれる。しかも、ミムラさんがやる役は松山ケンイチさんが金目当てで近づいた金持ちの娘という役らしい。

ミムラさんはお釈迦様みたいな俗世のことを超越したような雰囲気があるので、心がボロボロになって汚れている主人公の心に何か変化を起こす役割だとしたら、ぴったりだと思う。

 そして、主人公の子供時代は「流星の絆」で功一の子供時代を演じた齊藤隆成君。そう、天才。やっぱりひっぱりだこなんだなあ。子供にしてあんな悲しい目をした演技ができる子なんていないもの。

【脚本】★★★★

 脚本は岡田恵和さん。実は岡田さんの作品でそんなにはまったドラマは無いんだけど、でも、セリフの量が少なくて(印象)、思わせぶりな言葉の意味を一言一言味わう感じは結構好き。一番良かったのは「アンティーク~西洋骨董洋菓子店~」かな。

期待どおりの面白さでありますように!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新ドラマ期待度「神の雫」

新ドラマが始まってきちゃったものだから、少しお休みしてしまった「新ドラマ期待度」シリーズ。

「神の雫」は期待度★★(5段階中)ちょい低め

さて、その内訳は…

【題材】★★★

 原作の漫画は2〜3回読んだことがあって結構面白かったと思う。やっぱり「ワイン」がテーマだと、豆知識的なものがたくさん出てくるし、おしゃれだし、美味しそうだからハズレは無いって感じ。…よって可も無く不可もなくの★3つで。

【脚本】★★★

 渡辺雄介さん、という脚本家さんを知らなかったので調べてみたところ、「ブラッディマンデイ」や「20世紀少年」を書いている方らしい。どちらもすごく面白かったので、これは期待できるかも!…漫画が原作のものに強いってことと判断。

【キャスト】★

 いや、もちろん好きな役者さんはたくさん出ているんです。SCANDALの役柄がよかった戸田菜穂さんとか、田辺誠一さんとか、イノセントラブでは残念な役だったけど「医龍」では腹黒い役をいい感じに演じていた内田有紀さんとか。

 しかし、やっぱり気になるのが、1か月前に買った雑誌で亀梨和也さん以外のキャストがすべて「未定」となっていたこと。

「大丈夫!?」って心配になる。 共演させちゃいけない人の調整とか、逆にだしてあげないといけない人の役が決まってないとか、そんな「大人の事情」があるんじゃないかと邪推を呼ぶ。

しかし、これまた仕事に例えて恐縮だが、裏がドタバタしていても実力者が集まれば、それなりに良い結果が出るものなので、取り敢えず先入観を捨てて見てみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新ドラマ期待度「ありふれた奇跡」を勝手に★づけ!

新ドラマ期待度シリーズ、とりあえず放送開始日順に書いてみてたんだけど、あんまり興味のない「只野仁」はとばして…、今日は「ありふれた奇跡」に注目。

「ありふれた奇跡」フジテレビで1月8日(木)22:00~開始 は★★(5段階中)

【題材】★★

 駅のホームで飛び込み自殺をしようとしていた男性(陣内孝則)を助けたことで知り合った男女(仲間由紀恵と加瀬亮)を軸に、「生活の中にある実は気づいていない小さな奇跡」に気付き、それぞれが希望を見出していく…。というものらしい。

 「小さな奇跡」!なんと難易度の高い題材を選んだのか。事件も起こらない、謎解きも無い、医者や弁護士など人の人生や生死に関わる職業人ってわけでもない。(ちなみに主役二人の職業は“業務用調理器具会社勤務”と”左官職人”だそうな。)

 ささやかな日常の喜び系ドラマ(また、勝手なジャンルわけwink)?このジャンルで成功しているのは「サザエさん」と「ちびまるこちゃん」…いずれもアニメではないか!?30分が限界、という証拠では。1時間のドラマとしては「天才柳沢教授の生活」は個人的にはすっごく好きだったけど、視聴率が低くてやけに早く終わってしまったし。

 まあ、しかしささやかな日常の事件系ドラマ(ジャンル分けその2scissors)にするなら「渡る世間は鬼ばかり」の例もあるか。脚本家の力が相当問われるってことだ。

【キャスト】★★★

 主役の仲間由紀恵さん、加瀬亮さんのほかに、岸部一徳さん、戸田恵子さん、風間杜夫さん、松重豊さん、塩見三省さん、八千草薫さん・・・全体的に渋い感じで、重厚感たっぷりです。

 加瀬亮さんは「それでも僕はやっていない」で見ただけだけど、筒井道隆さんみたいな感じの淡々とした演技なので、上手いのか下手なのかよくわからず、でも妙に印象に残る…といったタイプの役者さんでした。ドラマではどんな感じになるのか?ちょっと楽しみ。

【脚本】★★

 脚本は「ふぞろいの林檎たち」で有名な山田太一さん。山田太一さんとか倉本聰さんのドラマは、名作として聞くものの、リアルタイムで代表作を見ていなかった世代としては、…うーん、例えて言うなら、文豪の作品を読むとか、巨匠の映画を観るとか、一流レストランの料理を食べるとか、そういう一種の気の重さがある。

 面白い、美味しい、感動する!と素直に良い感想を抱ければ、「さすが」と讃えればいいだけなので、何の心配もいらないが、万が一「面白くない」「おいしくない」「別に…」と思ってしまったら…!?

若手の作品ならいい。「私はあまり好きじゃない」と気楽に「好き嫌いの問題」として解決すればいいから。

 でも、相手が文豪なり巨匠なりならそうはいかない。否定した瞬間に「まだまだ良さがわからないひよっこchick」と、ちょっと落ち込むdown

しかし、年齢の差は歴然としてあるわけで、人生の大先輩が、30前後の若者の心の中を描いた際に、ぴんとくるのかどうなのかはやっぱり心配。心配なのよーshock。というわけで、巨匠のプレッシャーに負けて、あえて低めの★★で。

1~2回見てどうなっているか?このブログで大絶賛していたら笑ってやってください。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

新ドラマ期待度「必殺仕事人2009」を5段階評価!

世の中は仕事納めでしょうかねえ…

私の仕事は!・・・・納まってない!!!

まあ、でも、デパートの初売りも3日→2日→1日と年々早まり、結局年中無休化している昨今、(私はデパガではありませんがcoldsweats01)、サービス業を生業とする者が、人様のお休みにこそ働くのは当然のこと。

・・・こうやって、休みの合う友人もいなくてドラマだけがお友達になっていったんだっけ・・・(遠い眼)

さて、気を取り直しまして勝手にドラマ期待度格付けシリーズ第3弾は1月9日(金)21:00 テレ朝にて開始の「必殺仕事人2009」

期待度は★★★ と中途半端。 

では、根拠を項目毎に・・・

【題材】★★★★

 オリジナル版は見ていなかったけど、大変な人気があったと記憶。友人も京本政樹ファンになっちゃって大騒ぎだった覚えが。・・・世にはびこる悪を、普段はそれぞれ職人さんやら奉行所の役人として生活している人々が、裏稼業で「仕事人」として成敗する・・・なんて、面白そう。

 金さんや黄門様や将軍吉宗みたいな全うなヒーローじゃなくて、ちょっとダークヒーローっぽいのを「時代劇で」見られるというのが新鮮。

【キャスト】★★★

 元祖の藤田まこと以外は、東山紀之・松岡昌宏・大倉忠義のジャニーズ3人に谷村美月・水川あさみ…と何のドラマかわからなくなる若手のオンパレード。

 東山紀之も松岡昌宏も過去の一番のはまり役(と私が思う役)はホスト役!そして、ジャニーズはあまり詳しくないけど、きれいな顔だな、と思っていた大倉忠義…とちょっとセクシーな美形がそろった。美形男子は時代劇映えするから。…これが、今回ちょっと見てみようかな?と思った最大の理由。

 ここまで大胆に若手を登用すれば、時代劇を見ない層も、かなり動きそう。

 そんな期待に若手ばっかりで大丈夫?っていう不安も混ざりつつの★3つで。

【脚本】★★?

 寺田敏雄さん他、ということになっているけど、寺田敏雄さんの過去の作品自体がすぐに思い浮かばない。よって未知数。あと、時代劇が脚本にどのくらい影響されるのかも。これを機に研究してみよう!

オリジナル版ファンの皆様の期待度はどうなんでしょうかね?気になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新ドラマ期待度「トライアングル」は★いくつか?

昨日から勝手に始めた「新ドラマ期待度」★付けシリーズ。今日は第2弾。

1月6日(火)スタート フジテレビの

「トライアングル」 これは★★★★

【題材】★★

 25年前に初恋の少女を誘拐殺人によって殺された主人公(江口洋介)が、国際警察として捜査をする。舞台を東京・大阪・パリ・上海…と世界各国に広げ、謎が謎を呼ぶサスペンス…ってことらしい。「国際警察」って単語を発する時になぜか含み笑いをしてしまう。子供向けのドラマならまだしも、大人向けで「国際警察」ってどうなの?ちょっと心配で★2つ。

 「アンフェア」みたいに思いっきりスタイリッシュに描かれていることを祈りますbearing

【脚本】★★★★★

 脚本は水橋文美江さん。この方には今までどれだけ泣かされたことか。「光とともに」とか「みにくいアヒルの子」とか「妹よ」とか、う〜ん、派手な作品は無いんだけど、魂に届く言葉っていうのだろうか。「号泣」ではなくてふと気付いたら涙が出ていた、みたいなじんわりとした感動をさせてくれる脚本家さんです。

 サスペンスとの相性に不安はあるものの、そこはこれまでの実績を信じて★5つで!

【キャスト】★★★★

 主演が江口洋介で、脇に稲垣五郎。女性陣は広末涼子と相武紗季。

 すごいのが、堺雅人がいるのに、谷原章介もいて更に佐々木蔵之介。癖あるいい男系・またはキザ系脇役の名手がこんなにそろっていいの?しかも、大杉蓮さん、小日向文世さん、北大路欣也さん。おひとりいるだけでもドラマの重厚感がぐっと増すのに、そろっちゃいましたwobbly

 欲を言えば、視聴率アップのための若手が一人くらいいても良かったかな〜。相武紗季さんにそれを全て負わせるのもね〜。

【スタッフ】

この項目はあきらめましたweep 番組制作会社でバラエティーやってた過去を持つ夫くんをあてにしていたものの…新しい人がいっぱい出てきてわからないそうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新ドラマ期待度「天地人」

ドラマの最終回が一通り終わり、寂しい日々。

1月スタートドラマはどうなのかな~?今クールはTBSが「流星の絆」「ブラッディマンディ」と超気合いの入ったドラマを作ってくれて、更に篤姫もクライマックスを迎え、嬉しい3か月だったけど…

そこで!今日から勝手にドラマの期待度をキャストやスタッフさんの顔ぶれから、★付けをしてみることにしました。

まずは、公共放送からってことで。

NHK大河ドラマ「天地人」

期待度はズバリ★★(5段階中)

では項目ごとに…

【題材】★★

 まず、「直江兼継」って誰よ?ってこと。「愛」という字を兜にあしらい、民を大切にし、豊臣秀吉や信長からも恐れられたってことで、大変立派な人みたいだけど。地味な感じは否めない。でも、「家来」ものでは、昨年の「風林火山」がよかったので、わずかな期待を残して★2つで。

【脚本】★

 う~ん。小松江里子さんかあ。「人間失格(堂本剛・光一デビュー作)」なんかはとても面白かったけど、その後、私はことごとく相性が悪いようで、一連の作品をなかなか最後まで全うできていない。エキセントリックさを増していく剛君を(小松さんが)寵愛していたせいもあるかも知れないけど、途中で登場人物が何考えているのか理解できなくなっちゃうtyphoon

【キャスト】★★

 最近、旬な若い人を主要な役柄に抜擢するのが大河の定番になってきたけど…。長澤まさみさんと小栗旬さんは、昨年のブレイクが大きすぎたために、決して落ち目とかではないんだけど、「今さら」っていう印象があるなあ。思いっきりブレイクしている真っ最中か、逆に人気が定着しきった頃ならいいんだろうけど、ちょうど今は微妙なタイミングな気がする。

 妻夫木さんは好きだったけど、最近、映画にしか出ていないものだから、どんなところが魅力的だったか忘れちゃったcoldsweats01

 しかし、絶対に裏切らない阿部寛(本当にすごい!モデル出身とは思えない)さんや北村一輝さん、常盤貴子さんも出ているので、その分を★追加で。

【スタッフ】

すみません。項目を作ってみたものの、スタッフの方のお名前でわかるほど、詳しくありませんsweat01 でも、NHK大河の演出はいつもすごいなーと思っています。(風林火山の時の家臣同志がなぜかテレパシーで会話する場面など、妙な事もあるにはありますがcoldsweats01あれはあれで面白かった!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)