« 銭ゲバ 第2話感想~呼吸困難~ | トップページ | ヴォイス 第3話感想 〜もうそろそろ・・・〜 »

天地人 第4話感想〜次々と〜

大河ドラマ序盤の楽しみは、やはり、毎週毎週新たなキャストが登場すること。

先週は常盤貴子さんのキラキラした登場シーンで大興奮だった。

今週の楽しみは・・・

与七(直江兼続の弟)役の小泉孝太郎さんの登場。…「つぶらな瞳」で若さを思いっきり演じている妻夫木さんに負けず劣らずの初々しさ!声としゃべり方で少年への変身を達成。

初音役の長澤まさみさんの登場…こちらは、小泉さんとは逆に、いつもの舌足らずなしゃべり方を封印。時代劇仕様に変えて、一語一語発音していました。普段から舌足らずな話し方をやめればもっと同性から支持されるのに。

秀吉役の笹野さんと、信長役の吉川さん再登場…笹野さんの秀吉役だけは何度見ても慣れないなぁ。兼続を何度も誘ってくる(あ、ヘンな誘いじゃなくてよ。)食えない男には見えなくて。信長役の吉川さんは雰囲気は結構マッチしている。でも話し方がやっぱりどうしても「ロッカー」で、着物着てると、外国人がカタコトの日本語を話しているように見えてしまったcatface

ところで、ついに「で、兼続って誰?」と思いながら見続けるのがつらくなってきて、直江本を読み始めた。

私が見た書店では火坂雅志さんの本は3冊の上中下巻で、持ち歩きに不便そうだったので、童門冬二さんの「直江兼続」で1冊にまとまってるのを購入。こちらでは謙信は「義の人」ではなくて「義って言っておけば、世間ウケもいいから、人の上に立つのにイロイロと都合がいいっしょ?」みたいなしたたかさがあり、兼続もその精神を受け継ぎ、賢く立ち回っているキャラクター設定。

私は結構、この解釈好きだな。

大河の方がピュアに「義」に厚い男として描くのならばその対比もちょっと楽しみになってきた。兼続は行動のすべてが計算ずくの腹黒男か。それとも真に「義」に厚い男なのか。

…さて、次回は盟友石田三成(小栗旬)の登場が最大の見どころ。それまでに腹黒版「直江兼続」を読み終えておこう。

|

« 銭ゲバ 第2話感想~呼吸困難~ | トップページ | ヴォイス 第3話感想 〜もうそろそろ・・・〜 »

天地人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1135423/27460595

この記事へのトラックバック一覧です: 天地人 第4話感想〜次々と〜:

» 大河ドラマ 天地人直江兼続 家紋 [大河ドラマ 天地人]
謀将直江兼続(下)商品価格:720円レビュー平均:4.5 直江兼続をご存知の方に質問です。 直江兼続をご存知の方に質問です。直江兼続をご存知の方、何で知りましたか?「花の慶次」?「信長の野望」?それとも来年の大河ドラマ「天地人」の主人公と言う事で?私は36歳ですが20年以上前に叔父から我が家に縁の深い人物と言う事を教えてもらいました。(続きを読む) 上杉景勝・直江兼続 上杉景勝・直江兼続NHK大河ドラマが始まりましたが、生まれ・身分・立場など関係なければ、新潟で【できる男】【切れ者】は上... [続きを読む]

受信: 2009年1月26日 (月) 06時58分

« 銭ゲバ 第2話感想~呼吸困難~ | トップページ | ヴォイス 第3話感想 〜もうそろそろ・・・〜 »