映画・テレビ

番外〜映画GOEMON感想〜

映画鑑賞券が当たり、昨夜はGOEMONを鑑賞。

予告で見た映像は美しかったし、世間から酷評される紀里谷監督のキャシャーンも嫌いでは無いが、ストーリーを見るというよりは1枚1枚の絵を見るあの感じに耐えられるかなぁ…と不安を感じつつ鑑賞。

さて出だしは…面白い!
盗みを働いたGOEMONの逃走シーンは映画K20やスパイダーマンのアクションを見た時のような気持ち良さがある。
そして、江口洋介が、要潤(石田三成役)が、玉山鉄二(浪人役?)が…カッコイイ!!!

カッコよく見える衣装は?動きは?メイクは?…徹底的にこだわって作られてる感じがわかる。

そして中盤。序盤で盛り上がって終わりって映画も多いので油断はできない。
主要キャストであるサスケ(ゴリ)忍者才蔵(大沢たかお)、茶々(広末涼子)、服部半蔵(寺島進)、秀吉(奥田瑛二)らも揃い、それぞれのこの物語における関係があきらかに。

あれ…?つじつまが合ってる!物語としての面白さがあるsign01

そして、GOEMONと茶々の少年少女時代の設定…姫を命懸けで守る忍び。こういうの、永遠の憧れなのよね〜shineこういう役を演じる男の子には必ずほれてしまう…。田辺季正と出ていたかな。私は知らないけどどこかでは人気があるのだろう。
ということで、飽きることなく、終盤へ。

終盤は秀吉との対決、三成との対決がこれまた相当派手で、本気で「おいおい、こっちdollarは大丈夫なのか?」と不安になるほど。
少ない忍びが 大勢の兵士を倒す姿は、ゲーム的で私のようなゲーム好きにはたまらないsweat01

結局最初から最後まで映像の美しさ(=役者の美しさ、衣装の美しさでもある)に目を奪われ、しかもストーリー性もあるものだから、ずっと興奮状態のままエンディングを迎えた。

一緒に見ていた夫も陶酔しきった表情。二人で「世界のキリヤになれるんじゃない?」と大絶賛しながら帰ってきた。

で、さぞ世間の評価も高いだろうと調べてみたら…あれcoldsweats01?結構たたかれてるsweat01
というわけで…どうやら万人ウケするわけではないようなので、「こんな人にオススメ」リストを作成します。(ほとんど自己紹介?)

□ファイナルファンタジーなど、映像の美しいゲームが好き。
□鬼武者など斬りまくるゲームをたしなむ。
□昼ドラ「新愛の嵐」の猛とお嬢様の関係に萌えた。□ドラマ「トライアングル」をみて「江口洋介はもっとカッコイイはず」と疑問を感じた。
□色彩豊かな中国歴史ものを映像に惹かれて見るが、寝てしまう。

1つでもあてはまれば、映画館へGO!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

番外編 映画「少年メリケンサック」

最近ドラマで勝地涼君が見られないものだから、今日は映画「少年メリケンサック」を観に行ってきた。

一人で。

しかし、これは一人で見る映画ではなかった…。これから見に行く人には、笑いのつぼが同じ人と一緒に見て、声を出して笑いながら見ることを勧めたい。

さて、この映画の感想は…。

私は相当好き。ストーリー自体は、伝説のパンクバンドがすったもんだの末再結成するものの、おっさんばかりで世間からは非難轟々、何度もおっさん達を見捨てようとするあおいちゃん。しかし、どうしても心にひっかかるものがあって何度も戻ってきてしまう…。というとってもシンプルな話。

じゃあ何が好きかっていうと、このキャストたちの捨て身の演技。佐藤智仁の若き日のアキオ役は、本当にはまっていたし(悪い顔ですヮ)、あのダンディーな佐藤浩一さんのゲロおやじは…まあ、ちょっと見たくなかったけど、HPのインタビュー画像の素敵さと対比すると素敵さが際立って、よくぞここまで…と感動する。

田辺誠一氏は、「神の雫」でも大分壊れていたけど、すでにこっちの映画で壊れていたみたい。

すごいのは、宮崎あおいさん。あの篤姫と同時進行でメリケンサックをやっていたとは…女優さんて本当にすごい!ドスのきいた声以外は篤姫と共通するところは何一つありません。

そして、勝地涼君。「愛の嵐」「亡国のイージス」の勝地涼ファンとしては、いつかは銭ゲバのような屈折した役をやって欲しいと思うのだが、スパイス的に、このメリケンサックで出てきたような気持ち悪い役を見るのもまあ、悪くはない。特にラストは笑える。

宮崎あおいちゃんとの子役時代の共演回数が多いだけあって、バカップルぶりも息がぴったり。

私も仕事で、社内で誰の言うことも聞かなくなってきちゃった職人肌のおじさんたちを集めたプロジェクトで、なぜかリーダーをやっているのだが、少年メリケンサックはそんな自分の境遇とリンクして結構笑えた。

うちの社のオジサンたちもすごいモノを持っていて、一生懸命アピールしてきてくれるんだけど、どうも私はよくわかんなくって(笑)…本当にごめんなさいねぇ。キム兄演じるハルオがあおいちゃんに「ついて行きます」って唐突に言い出したときの、あおいちゃんの戸惑いがよくわかった。

難しいこと考えずに、ばかばかしく笑い、愛すべきオジサンたちを「愛らしい」と思える心のゆとりのある皆様には、ぜひ、お勧めします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)